そもそも流産とは

ママナチュレ 流産

 

妊娠して嬉しい思いも束の間、無事出産できるか不安に囚われる方も多いことでしょう。特に怖いのは流産のリスク。妊婦の15%程度は経験するとも言われています。防止する為にまずは硫酸の種類や原因の認識を共有しましょう。

 

妊娠早期に発症するのは、赤ちゃんの染色体異常によるものとされているので残念ながら防止することはできません。妊娠後期になると母体側の要因が増えてきます。

 

子宮筋腫が子宮内腔に成長してきたり、全身性の感染症が原因の場合もあります。時には母体のストレスや運動が原因になっていることもあります。妊娠中は例え安定期に入っても無理をしない生活を心がけるべきことは明らかでしょう。

 

最近では体重増加を気にするあまり、無理な食事制限をする方もいますが注意が必要です。

 

流産のリスクを避けるために妊婦が気を付けるべきこと

ママナチュレ 流産

 

妊娠の初期には流産のリスクを回避する上で、葉酸を十分摂取することが重要です。葉酸は脳や中枢神経系、脊髄の元になる神経管を発達させるうえで葉酸は不可欠な栄養素であり、妊娠初期に葉酸不足だと重篤な障害が胎児に生じるリスクが高まります。

 

障害が中枢に発生すれば無脳症、脊髄に生じれば二分脊椎の懸念があります。無脳症になれば当然死産し、二分脊椎は深刻な身体障害を生まれながらに負うことになります。

 

その為、妊婦さんは葉酸を十分摂取することが不可欠と言えます。

 

葉酸を多く含む即品には、各種の動物のレバーや筋子などの魚卵類に含まれていますが、いずれも妊娠中に必要量を食物から摂取することは望ましくないことから、サプリメントで摂取するのが一般的です。

 

ママナチュレは流産のリスクを軽減させる効果があるの?

ママナチュレ 流産

 

ママナチュレは流産のリスクを回避したい全ての妊婦さんにとって有用な葉酸サプリメントです。天然酵母由来の葉酸を400μg配合しています。これは厚生労働省が推奨する摂取量に相当する数字です。

 

ママナチュレに含まれるのは葉酸ばかりではありません。妊娠中は胎児を育てるためにホルモンバランスも変化します。ホルモンバランス維持に関与するマカも配合することで母体胎児共に健康な状態で出産までの期間を過ごせることに役立ちます。

 

妊娠中は胎児が腸等の消化器官を圧迫し便秘などの便通異常も頻発しがちですが、ママナチュレには乳酸菌も配合されているので元気な腸内環境に導きます。

ママナチュレは葉酸を必要量配合することで流産のリスクに対処するばかりでなく、妊娠中に不可欠な栄養成分を同時配合することで健康な赤ちゃんの出産に至るまでサポートしてくれるので妊婦の方に推奨したいサプリメントです。

 

▼ママナチュレで流産のリスク減らす▼

ママナチュレ 流産 ボタン

 

>> ママナチュレは店舗に置いてある?  TOP